最新のできごと&園の日記

2013年06月

2013.06.28

どろんこ遊び

 だんだん夏らしくなり、蒸し暑い日々が続いていますが、子ども達は毎日元気いっぱいに戸外遊びを楽しんでいます。先日もも組、ふじ組の子ども達が今年初めての泥んこ遊びをしました。
もも組さんは、まず手や足で泥の感触を楽しみ、それからどろ団子作り、好きなおもちゃを使ってのごちそう作り、泥水を集めたり・・・と夢中で遊びました。そして先生に泥んこの中に足を埋めてもらうと、キャッキャッと声をあげて喜んでいました。
ふじ組さんは、水たまりに寝転んでみたり、飛び込んでみたりとダイナミックに遊び、あちこちから歓声が上がっていました。「気持ちいい~」「コーヒー牛乳みたい」なんて声も聞かれましたよ。これからの季節、全身で泥の感触を味わい、夏ならではの遊びが満喫できたらいいな~と思っています。

2013.06.24

かかしを立てました

 5月に田植えをしてから1ヶ月経ち、子ども達が植えた田んぼの苗もスクスク成長してきました。きく組の子ども達は、鳥から苗(お米)を守るためにみんなで案山子を作り田んぼに立てに行きました。一緒に田植えをした雪舟保育所のぞう組さんと田んぼで待ち合わせて、それぞれが作った案山子を立ててもらいました。田んぼには、きく組さんの作った『トウモロコシのコーンちゃん』と、ぞう組さんの作った『大豆のまめぴー』がなかよく並んで立っています。しっかり田んぼを守ってね~と子ども達とお願いをしました。秋には、もち米がたくさん出来ますように!

2013.06.13

消防訓練

 年に一度、消防署の方に指導して頂く消防訓練を行いました。まずは、いつも行っている避難訓練の様子をみてもらい、とても上手にできた事を褒めて頂きました。避難する時の約束『おはしも』もちゃんと覚えています。次に先生達の消火訓練を行い、その後は、子ども達のお楽しみの消防自動車の見学会です。真近で見たり、きく組さんは防火服とヘルメットを付けさせてもらい消防士に変身!記念撮影もして、大喜び&大興奮の子どもたちでした。
『備えあれば憂いなし』日頃から訓練をしっかり行っていきたいと思います。

2013.06.07

下ごしらえのお手伝い

 身近な食材に触れる事で食への興味や関心を持って欲しいと・・・と思い、食育活動の一つとして給食の下ごしらえのお手伝いを行っています。きぬさやの筋取り、空豆のさやむき、トウモロコシの皮むきなど、年齢に応じて子ども達にお手伝いをしてもらっています。
先日は5歳児が南瓜の種をスプーンで取り、4歳児がエノキ茸を裂き、3歳児が玉葱の皮をむきました。翌日の給食では「これ、僕たちがむいたんよね~」と会話も弾み、ちょっぴり苦手な野菜もパクリ!これからも楽しくお手伝いを行っていきたいと思っています。

2013.06.01

はだしってきもちいいねっ

 園庭で遊ぶ事が大好きな子ども達!時には砂の感触をしっかり感じて欲しいなァ・・と思い、裸足で遊んでいます。先日砂場に砂を補充しました。せっかくなので、砂場にいれる前に園庭に大きな砂山を作りみんなで思い切り遊びました。「先生、この砂ふわふわだよ」「冷たくて気持ちいい~」「さらさらしとるね」と砂山に駆け上がったり、腕を入れて穴を掘ったり大喜びでした。たくさん遊んだ最後は幼児部の子どもたちが砂場まで運んで綺麗にしてくれました。

カレンダー

«6月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
ページトップへ